議決権が関係すると株価の価値は高くなる

商法によって株式の3分の2を保有する株主は、その会社を好きなよう
に運用できるようになります。さらに50%を超える株式を所有してい
ても多数決で勝つことができるため、会社に対して一番の発言力を持つ
ことが可能になります。

特に常に自分の思い通りに会社を動かしたい社長などは、50%を超え
る株式を所有する必要があります。

他に50%を超える株式を持っている人がいれば、その人の言う通りに
経営をしなくてはならなかったり社長を解任されたりしてしまいます。

そのため、会社を動かす発言力を持ちたい人は、過半数を超える株式を
持とうとしますが、過半数に近付いて残りの株式を手に入れようとする
ことは、大変な努力を要します。

例えば、あと2~3株所有するだけで過半数を超えるような時は、他の
経営に口を出したい人が懸命になってその株式を手に入れようとします。

そのため、その2~3株は単なる株式としての価値に加えて、その会社
の議決権も含むことになりますので、通常の株価よりも高い値段で取引
されることになります。

そのため、いくら資金があったとしても、株式を買い占めて会社を思う
ようにすることが難しくなってくるのです。

通常は現在経営に携わっている人たちが、議決権を失わないように必要
な株式を所有するようにして、簡単に他の人が会社の方針を決めること
がないように気を付けています。

そして、買収ファンドが株式を買い占める時などは、株を買い占めてい
るのが誰かが分かってしまうと株価が上昇してしまうため、株式を購入
するための代金が余計に必要となってしまいます。

そのようなことを避けるために、誰が株式を購入しているのかを知られ
ない方法として、時間外取引などの手段が使われることがあります。

他にも、複数の海外のファンドを利用するなどの法律に抵触するような
方法を使ってより多くの株式を購入しようとします。

買収ファンドが大儲けできるのは、このように本来ならば多額の費用が
必要となる株式の買占めを、安い金額で購入するようにしているからで
す。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る