売るに売れない困った株とは?

株取引を始める前に必ず理解しておかなければならないことの
ひとつに、「株は必ず儲かるという訳ではない」ということが
あります。

当たり前と言えば当たり前なのですが、儲かることもあれば、
逆に損をしてしまうこともあります。

それでは、どのような場合に損をしてしまうのでしょうか?
ここでは、損をするポイントを具体的に見ていきます。

損をするポイントを株を始める前にあらかじめ知っておけば、
実際にその場面に遭遇しても、あわてないで対処することが
できるでしょう。

【株取引では、どうなると損をしてしまうのか?】

株を買った時点では、儲けも損も発生していませんが、時間
の経過と共に「株価が上がると儲かる(値上がり益)」が
発生したり、反対に「株価が下がる(値下がり損)」が発生
することもあります。

例を挙げれば、株価が10万円の時に買った株が、時間の経過
と共に7万円に下がった場合に売れば、差し引き3万円の損を
してしまいます。

株で損をする代表的なパターンがこれに当てはまります。

しかし、「株価がたとえ今は下がっているとしても、含み損
(まだ売っていないため、売った時に損が確定する状態)の
まましばらく待っていれば、再び株価が持ち直して上がってく
れば問題はない」というような考え方もあるかもしれません。

それもその通りで、株価の短期的な値動きに惑わされて、あわ
てて売り買いを繰り返すようでは、じっくりと相場を見ながら
株取引などはできません。

ただ、会社の経営状態が思わしくないと分かっていながらも、
損を認めたくないという気持から、自分自身で意固地になって
しまい、売るに売れなくなってしまうのも困りもの。

売ることができずに含み損を抱えたまま株などを保有している
状態のことを「塩漬け(しおづけ)」と呼んでいます。

なかなかできないことなのですが、自分で予想していた展開と
読みが外れてしまった場合には、感情を挟まず潔く売ってしま
うのもひとつ方法。

株価が下がってしまい、予想に反して塩漬けの状態になってし
まった場合には、一度冷静になって売ることも考えてみると良
いかもしれません。

今回の取引では残念ながら損が出てしまったけれど、他にも魅
力的な株はたくさんあるため、損に固執してしまわないことも、
トータルで儲けるコツと言えます。

◆株取引においての損するポイントの代表は、株価が下がる事

◆損を認めたくないだけの「塩漬け」状態にメリットは無し

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る