株の信用取引で自己破産!?

株取引の基本的なスタイルとして、10万円という現金(元手)
を使って、10万円分の株取引をするというものがあり、一般
的には現物取引と呼ばれています。

この現物取引に対して、最大で10万円の3倍(30万円)程
の取引ができるスタイルがあり、これは「信用取引」と呼ばれ
ています。

しかし、考えてみると10万円しか現金(元手)がないにも関
わらず、なぜ30万円分もの取引ができるのでしょうか?お金
がどこからか自然に湧いてくるわけでもないのですが・・・。

この信用取引、実は「お金を借りてする取引」のことを指して
いるのです。

しかし、そのお金は銀行から借りるのではなく、たとえば10
万円のお金(現金)を元手に信用取引をする場合には、証券会
社から20万円の借金をして取引することと同じ意味を持ち、
元手の10万円は、担保として証券会社に預けるような形にな
るのです。

信用取引を使えば、手持ち資金の3倍程度までの取引ができる
ため、儲けの額が現物取引の3倍になる可能性もあるのですが、
逆に損も3倍になる可能性があることを決して忘れてはいけま
せん。

自分が持っているお金以上の取引ができてしまうところに、信
用取引のメリットと怖さがあると言えます。

【現物取引と信用取引の違い】

10万円の現金(元手)を使って、現物取引と信用取引の違い
を比べると次のようになります。(信用取引は3倍)

ここでは、1株10万円の株が15万円に値上がりしたと想定
します。

現物取引 10万円X1.5倍=15万円

信用取引 30万円X1.5倍=45万円

上記のように、単純に儲けも3倍になっています。

反対に、1株10万円の株が5万円に値下がりしたと想定して
みます。

現物取引 10万円X0.5(半値)=5万円(5万円の損)

信用取引 30万円X0.5(半値)=15万円(15万円の損)

ここで注意しなければならない点は、信用取引の場合は、元手
が10万円しかなかったはずなのに、損が15万円も出てしま
っているところ。

信用取引を始める際に証券会社から借りたお金は20万円なの
で、20万円を返済するには、5万円不足しています。

足りないお金はどうすればいいのかと言えば、そのまま返さな
くてもよい訳ではなく、証券会社に返済しなければなりません。

これを「追証(おいしょう)」と呼んでいます。

追加証拠金(ついかしょうこきん)を略した言葉が「追証」の
由来で、その言葉通り足りない5万円を追証として返済しなけ
ればなりません。

現物取引だけであれば、最悪の場合でも元手が「ゼロ」になる
だけですが、信用取引をすれば、投資した資金がゼロ以下のマ
イナスになってしまうこともあります。

自分の信用を利用してお金を借りて取引することから、信用取
引という言葉が生まれたと言われています。

いずれにしても、株取引初心者が決して手を出してはいけない
取引スタイルだということに違いはありません。

◆リスクが非常に高いため、株取引初心者は絶対に信用取引を
 してはいけません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る