株取引の手数料を節約する方法

株取引を始めようと思えば、まず最初に証券会社に自分の口座
を開かなければなりません。

その証券会社で作った口座にお金を入れることによって、初め
て株取引ができるようになるのです。

さらに、取引をする際には、証券会社の窓口を通じて株式市場
(証券取引所)へ注文を出すという流れになるのですが、この
ときに「手数料」がかかるしくみになっています。

現在、証券会社は大きく分けると2つのタイプがあり、ひとつ
は「総合証券」と呼ばれるもので、もうひとつは「ネット証券」
と呼ばれるもの。

インターネットが普及していなかった昔には、営業マンとマン
ツーマンでやり取りをする「総合証券」しかなく、人件費がど
うしてもかかるため、取引手数料自体がとても高く設定されて
いました。

今となっては信じがたいことですが、当時の手数料は1回の注
文で5000円以上かかることも当たり前でした。

しかし、時代は変わりIT革命によってインターネットが爆発
的に普及し、人件費などのコスト削減が可能になった今、株取
引においてネット証券が主流となってきたのです。

さらに、近年はネット証券間の激しい値下げ競争の恩恵もあり、
昔に比べれば、手数料が10分の1程度で済む場合もある上、
10万円程の小額取引であれば、手数料が150円という格安
のネット証券も現れています。

このように、誰もが手軽に株取引を始められる環境が整ってき
ています。

それと同時に、ネット証券のほとんどで口座の維持管理手数料
を無料としているため、ネット証券を利用して株取引をすれば、
手数料の面から見ても、かなりお得感があるはずです。

【手数料をさらに節約するためには?】

前述の通り「取引にかかる手数料の安いネット証券を選ぶ」と
いうことが基本ですが、会社ごとに手数料の料金体系は異なる
ため、ホームページなどで事前に調べておく必要があります。

手数料を節約する方法は、何も手数料が安いネット証券を見つ
けることだけではありません。

単純なことですが「取引回数を減らす工夫をする」ことで、手
数料を節約することができます。

短期に売買を繰り返して稼ごうと思っている方には向きません
が、長期的な投資スタイルで株取引をしようと考えている方で
あれば、株価を毎日のように追いかけたり、毎日のように取引
をする必要はありません。

特にネット証券では、手軽に取引ができるため(できるだけ手
軽にできるようにしくみを簡素化している)ついつい頻繁に取
引をしてしまいそうになりますが、通常は1回の取引ごとにコ
ストがかかっていることを忘れてはいけません。

それでも、多少コストがかかっても多く取引をしたいという方
は、手数料が1日定額になっているプランを選ぶという選択肢
もあります。

手数料とは多少意味合いが違いますが、株には税金がかかるこ
とを、意外に忘れがちですが、税金も大きく見れば「コスト」
の一部だと言えるでしょう。

ただし、株を買っただけでは税金はかからず、「株を売った時
に利益が出れば、その出た利益部分に対して税金がかかります」
ということです。

株を売った後に再び投資(再投資)する場合に、税金を払った
分だけ次に投資する資金が少なくなるため、同じ値段で買いな
おすことはできません。

株を効率的に運用するためには、できるだけ税金を払わずに済
む方法を考えることも大切で、株価ばかりに気を取られずに、
頭の片隅に入れておく必要があります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る