使える証券会社の選び方

具体的に株取引を始めようとすれば、まず最初は証券会社に自
分の口座を作る必要があります。

この時、どこの証券会社に口座を開けばいいのか、数ある証券
会社の中から選ぶのは迷ってしまいます。

それでは、どのような証券会社が投資家にとって「使える」
会社なのでしょうか?また、なにを基準に選べばいいのか?
すこし考えてみたいと思います。

選択のポイントその1【信頼のおける証券会社か?】

現在の証券会社は「ネット証券」が主流となりつつあるため、
ネット証券会社(インターネット証券会社)の選び方について
考えていきます。

何と言っても自分の大切な資産を預けることになる証券会社は、
「信頼性がある」ということが一番大切。

しかし、初心者の方にはどのネット証券会社を選べば良いのか
ということは、なかなか分かりません。

そこで、最初は「5大ネット証券」と呼ばれる、SBI証券、
マネックス証券、カブドットコム証券、楽天証券、松井証券、
5社の中から選ぶという方法もあります。

大きい会社が必ず良いとは限らないのですが、この5社は業界
をリードしている会社のため、投資家にも人気があり、多くの
投資家に選ばれているということは、何かしら理由があるハズ。

裏を返せば、投資家の信頼を得続けているからこそ、ここまで
会社が大きくなったともいえます。

ですから、株取引初心者の頃には大手5社の中から、気に入っ
たネット証券を選ぶというのも、ひとつの方法といえます。

選択のポイントその2【手数料は安く抑えられているか?】

取引の際にかかる売買手数料が、株取引にかかる主な手数料と
なり、投資のリターン(儲け)は不確実なものですが、取引に
かかる手数料は確実にかかるコスト。

ですから、株取引を始める前には、必ずチェックをしておく必
要があります。

手数料の体系は証券会社によって違いがありますが、大別する
と次の2種類を選択することができます。

●取引1回ごとに手数料がかかるタイプ。(頻繁に取引をしな
 い人向け)

●1日に何度取引をしても手数料は同じの、1日定額タイプ。
 (頻繁に取引をする人向け。ちなみに、1日定額タイプは、
  取引をしない日には手数料は発生しません。)

選択のポイントその3【各社のサービス充実度は?】

証券会社が取り扱っている商品は、なにも日本株だけではなく、
米国株や中国など外国の株を買うこともできる上、投資信託や
FXなども取り扱っています。

さらに、社債や国債などの債権類も買うことができます。

この取り扱い商品については、証券会社ごとに特徴があるため、
株以外にも投資を考えている方は、取り扱い商品のラインナッ
プがしっかりしているかということも、チェックしておくポイ
ントとなります。

証券会社を、株取引をするためだけに使うのは非常にもったい
なく、証券会社は投資に役立つ情報やツールの宝庫のため、証
券会社独自のサービスの使い勝手の良さも、確認しておく必要
があります。

これらのツールや情報は、口座を持っていれば無料で使えるも
のがほとんどのため、自分に合ったサービスがないか、確認し
ておきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る