ネット証券での口座開設手順

株取引を始める前には、証券会社を選ばなければなりませんが、
いろいろな条件を吟味し、自分の取引をするネット証券会社を
決めたならば、次に証券会社での口座を開設しなければなりま
せん。

これは銀行で預金を始める際に預金口座を開くのと同じような
感覚で、証券会社に口座を開くことができるのですが、ネット
証券が銀行と違う点は、銀行の場合には実店舗に出向いて口座
を開設することがほとんどですが、ネット証券の場合は書類の
郵送で完了することができます。

口座を無事開くことができれば、次は自分の口座に株を買うた
めに使うお金を入金すれば事前の準備は完了。

【ネット証券での口座開設の具体的な手順と方法】

1.始めに、電話やインターネットで口座開設に必要な資料を
  ネット証券から取り寄せます。

2.普通2~3日で資料が届くため、書類に必要事項を記入。
  ここでは、住所や氏名などの個人情報の記入や、取引の際
  に使う暗証番号などの設定をします。

  さらに、忘れてはいけないのが税金の支払い方法で、特定
  口座か一般口座のどちらかを選び、源泉徴収「あり」、
  「なし」を選ばなければなりません。

  年度末に煩雑な手続きをしたくないという方は、迷わず、
  「特定口座で源泉徴収あり」を選択しましょう。

  必要事項を全て記入し終われば、本人確認用書類(保険証
  や運転免許証のコピーなど、自分を証明できるもの)を添
  えて証券会社へ返送します。

3.資料を送った後、通常は1週間ほどで「口座開設が完了し
  ました」という案内がきます。

  その資料の中には、ネット証券会社のホームページにログ
  インする際のIDや、自分の口座の入金先などを記した情
  報などがあるため、大切に保管をしておきます。

4.口座の開設が完了すれば、自分の口座に入金をするのです
  が、口座への入金は、ATMや銀行を使ってする通常の振
  り込みと、なんら変わりはありません。

  インターネットバンキング(ジャパンネットバンクや楽天
  銀行、その他大手銀行のサービスなど)に登録をされてい
  る方であれば、パソコンやスマホなどからもすぐに入金が
  できる上、パソコンなどから入金した場合には、直後に残
  高に反映されるため、便利です。

  さらに、ネット証券によっては、振込み手数料が無料の会
  社もあるため、手数料も振込み回数が多くなれば無視でき
  ない金額となるため、そのようなサービスはありがたいも
  のです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る