口座のうち1つはネット専業銀行にする理由

もし、今すぐ、緊急にお金が必要になったとします。そんな時、きちん
と用意出来るでしょうか?

資産の全部がすぐに引き出し不可能な定期預金に入っているとか、全部、
投資信託を買っているとか、そんなことはないですよね?

すぐに引き出し可能な資産のことを流動資産といいます。普通預金や、
現金のことを指しています。急にお金が必要になったときに備えて、流
動資産を持つことは必須です。

では、どのくらい流動資産を持つべきなのでしょうか?

独身であれば、給料1月分くらいでしょう。家族がいれば、100万円
くらいあれば、とりあえず安心でしょうか。運用や投資も結構ですが、
急な出費のために、ある程度は普通預金にいれておくことが必要でしょ
う。

みなさんはどこに口座を持っていますでしょうか?

給与振込用の銀行やゆうちょといったところでしょうか。私は、もう一
つ、ネット専業銀行に口座を作ることをお勧めします。最近では、都市
銀行や地方銀行でもネットサービスをしています。

しかしながら、ネット専業銀行の方がやはり利用しやすいでしょう。な
ぜなら、専業銀行はネットだけで生きていかなければならないため、や
はり必死さが違うからです。自然と、サービスも充実したものが多くな
ります。手数料が安かったり、夜間も対応していたり、送金無料キャン
ペーンなども行っています。

ネット専業銀行ならどこでもいいのでしょうか。いいえ。やけに高い金
利を掲げているような銀行は警戒した方がいいでしょう。

誰もが既にご存知だと思いますが、「ペイオフ」とは銀行が潰れた時に、
元本1000万円とその利息までが保護の対象となるけれど、それを超
える金額に関しては、金融機関の財産状況に応じては返ってこないとい
う制度。

「銀行が潰れるなんて」にわかには信じがたい話ではありますが、実際
にペイオフは発動事例があります。

2010年に経営破たんした日本振興銀行です。実際に多くの人が数百
万という定期預金を失いました。「預金でお金を失うなんて!」と、驚
くかもしれませんが、ペイオフは実際ありうるリスクです。

高い金利を掲げる銀行は経営に問題がある可能性があります。よくよく
注意して、疑ってかかる必要もあります。

では、どこのネット専業銀行ならいいのでしょうか。私がお勧めしたい
のは、大手といわれるところです。ソニー銀行とかは、母体も大きいの
で安心です。他にもセブン&アイなども、良いと思われます。

このように、預金資産を一行に集中させるのではなく、銀行口座は複数
持っていた方が安心でしょう。まさかのペイオフにも備えることもでき
ます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る