個人が出来る不動産投資には何がある?

不動産投資といえば、すぐに思いつくのは何でしょうか?マンション経
営などでしょうか?多くの人があまり意図せずに投資している不動産投
資と言えば、「自宅」でしょう。

しかし、この住居購入、資産として見た場合、多くの人が失敗している
と言えるでしょう。その理由としては、ここ20年にわたる長期のデフ
レによって、土地の価値は殆ど上がらなかったからです。

今後、デフレを脱し、日本がインフレに向かったらどうでしょうか?そ
れでも不動産価値の向上を見込むことは中々難しいことになりそうです。

少子高齢化が進むこの日本では、自然と土地余り、家余りの状況が考え
られるからです。それでも、不動産価値が上がるようなところと言えば、
都心であるとか、公共交通機関等の利便性が極めて高いところであると
か、そういうプラス要素がなければなかなかに難しいことは容易に想定
されます。

また、木造よりも鉄筋コンクリートの方が良いでしょうし、周辺環境が、
子育てしやすいか、教育に便利か、ということも重要になってきます。

施行業者選定も要素の一つですね。こう条件を挙げていくと、住居購入
は極めて難しい投資だということがお分かりいただけるのではないでし
ょうか?なかなか全部の要件を満たすことは難しいでしょうから・・・。

その場合は、思い切って、住宅購入は諦めて、賃貸を選ぶというのも選
択肢の一つでしょう。子供の状況、家族の構成人数、そういったものに
応じて住み替えていくのも良いと思われます。

では、個人が他に出来る不動産投資には何があるでしょうか?

ひとつには、不動産投資信託(REIT)を購入するということが考え
られます。もう一つには、不動産そのものであるマンションやアパート
を購入するということも考えられるでしょう。

REITとは、投資信託ですが、不動産に投資することを専門としてい
ます。REITは個人には手が出ない大型の不動産に投資しており、そ
れを通じて、個人も間接的に大型の不動産に投資することが出来るよう
になっています。個人で不動産に投資しようとするのであれば、このR
EITが一番簡単で便利でしょう。

不動産そのものの購入はやはり、煩雑な手続きなどがあり、なかなかハ
ードルが高いのではないでしょうか。その点、REITは上場している
投信であることもあって、証券会社で簡単に購入でき、配当も半年に一
度受け取ることが出来ます。

いいことづくしに見えるREIT。ただ一つ難点があります。それは人
気がありすぎて、価格が上がりきっていることです。それでも配当利回
りは、3~5%あるので、依然として、投資するに値する商品と言える
でしょう。

マンション投資も個人の間では人気です。借り手がつかない割高マンシ
ョンを購入してしまったという人以外は、割といい運用成績を残してい
るようです。税務上のメリットもあるので、勉強されて投資されるのが
良いでしょう。

老後を迎えたときに、持っている資産は自宅だけ、ということも想定さ
れます。その場合は、リバースモーゲージを使うと良いでしょう。リバ
ースモーゲージとは、自宅を担保に入れて、お金を借りることです。

所有者が亡くなると、自宅を売却することで、お金を金融機関が回収し
ます。最近、大手金融機関での取り扱いも増えてきているようです。こ
のような方法もあると、知識として持っておくのも良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る