アベノミクスのおかげで大儲け?

今、アベノミクス相場で株式市場が湧いています。投資をしている人は
多くの果実を手にしたのではないでしょうか。そうして、「アベノミク
スが来てよかったですね。儲かりましたね」などと言われたりするので
はないでしょうか。

確かに、今アベノミクス相場で日本経済は堅調に見えます。日経平均も
1万5000円を回復しました。リーマンショック後から投資を始めた
人が一番おいしい思いをしていると言えそうです。

ただ、アベノミクスに乗って投資を始めよう、という人はいかがなもの
でしょうか。アベノミクスで人が儲けたと聞いて投資を始めるのは、つ
まりは競馬やパチンコを始めるのと然程変わりはありません。それは投
資ではなく、投機というのです。

数年前に、FXが流行りました。個人投資家が億というお金をFXで稼
いだという話が知れ渡ったからです。けれども、ブームに乗って飛びつ
いた人たち、蓋を開けてみれば惨敗です。

ちなみにFXは投資ではありません。外国為替証拠金取引といい、中身
は完全なる投機です。多くのまともな投資アドバイザーが推奨している
投資とは全く似ても似つかない代物です。外国為替で投資をしたいとい
うのであれば、ドル建ての投資信託の購入や、外貨預金をしたほうがよ
いでしょう。

さて、アベノミクス相場の話に戻ります。

長期投資家はアベノミクス相場でとりあえず報われたのではないでしょ
うか。ただ、長期投資家は、アベノミクスが来ていなくても、長期的に
は報われているはずです。たまたま今回は、このタイミングでアベノミ
クスがやってきた。ただそれだけのことなのです。

そして、アベノミクスだろうが、リーマンショックだろうが、動じず、
淡々と投資を続ける。これが長期投資家の姿勢なのです。

企業からすると、投機マネーよりも投資マネーを歓迎します。なぜなら、
企業業績は一朝一夕に上向くものではないからです。下がれば買い、上
がれば売るような投資家ばかりだと企業は落ち着いて経営を行えません。

日本に長期投資が根付けば、産業は必ず活性化していくことでしょう。
NISAもスタートしたことですし、日本にも長期投資家が多く増える
ことを願ってやみません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る