臨機応変に―必要に応じて投資額は変更しよう―

投資を始めるときに、多くの人が勘違いされていることに「一度金額を
設定したら変更できないんでしょう?」ということが挙げられます。

そんなことはありません。ご自身の生活パターンや資金需要に応じて、
いつでも、投資金額は変更が出来ます。解約をしなくても継続して投資
することができるのです。

始めたときは、独身でお金に余裕があるからと5万円で始めたとします。
結婚し、子供が出来たら、どうも5万円の投資に無理がある。そんな時
は、3万円なり、1万円なりに減額することが可能。住宅ローンの返済
や、その他もろもろのライフイベントによって余裕資金に変動があるの
は当然です。

ただ、住宅ローンの返済が終了した時点や教育費が終わった時点などで
は、投資金額を増額するようにしましょう。今まで、その支払いをしな
がら生活をしていたわけですので、投資額を増額させることも可能なは
ずです。

長期的に投資をするうえで必要なことは継続するということ。額が多か
ろうが少なかろうが関係ありません。投資というのは、時間がお金を育
てる仕組みです。一日のロス、一か月のロスが後々尾を引くことになり
ます。

とりあえず、投資は初めてなので、まだ恐怖心がある、というような人
は、1000円からでも始めてみましょう。ネット系の証券会社であれ
ば、500円から始められるようなところもあります。

どうでしょうか?金額を変更できると聞くとハードルが下がったように
思えませんか?将来的に住宅購入予定がある人であれば、住宅ローン返
済のシミュレーションをしてみてはどうでしょうか?

仮に月々の返済額が4万円弱とします。すると、投資を5万円で始める
のです。そして、実際に住宅ローン返済が始まった時点で、投資金額を
1万円に減額するのです。すると、住宅ローン返済時もその前と変わら
ない生活水準を保てます。

逆に住宅ローンが終了しても、支出を増やさず、投資額を元の水準に戻
します。このようにして投資する金額を調整しながら投資を利用してみ
るのもいいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る