ストレスを感じない「時間分散型投資法」を利用しましょう

長期的に資産を形成することを目的とした投資を行う上で重視するべき項目は、大別すると2つの項目に分類できます。ひとつは「リターンが見込める優良な商品の選択」もうひとつは「売買のタイミング」です。

投資でも商売でも利益を上げる王道はただひとつ、『安く買って、高く売る』ことに尽きます。投資にフォーカスしてみます。リスクの高い商品(銘柄)は、下がっているときは、さらに下がる可能性が高いものです。

一方、優良な商品(銘柄)が、例えばリーマン・ショックのようなイベントリスクで価格が下がっている場合は、いずれ価格を戻してきます。一時的に価格が下がったときは「買い」のチャンスです。

なぜなら「良い商品を安く仕入れる」絶好のチャンスだからです。しかしながら、価格が下がっているということは、売りに回っている側が多数派を占めているということです。

頭のなかでは、その商品(銘柄)が優良商品だと理解していても、この状況で買いに走るのは非常に勇気のいることで、精神的にタフでなければストレスに耐えられません。

では、逆のパターンではどうでしょうか。

優良株の価格が上昇局面にあるときは、乗り遅れてはいけないとばかりに、強気で買いに出る人が多数派になり、さらに株価は上昇することでしょう。ここで高値購入した場合は、売却時の利益が少なくなります。

このように「売買のタイミング」を見極めることは、投資のプロでも難しくなってきています。では、どうするべきかというと「売買のタイミング」の判断は諦めて、株式なら銘柄選び、ファンドなら信頼性の高い投資先で構成された商品選びに力を入れることです。

そして「売買のタイミング」については、少額ずつ時間をずらして買い増しする「時間分散型投資」に切り替えるのです。「時間分散型投資」としては、一定額ずつ毎月購入する「積立型のファンド」が有効です。

積立購入では、設定した金額で毎月買えるだけの口数を購入しますのでファンドの価格が安いときは多くの、価格が高いときは少ない口数となるので、平均の購入価格が抑えられるというメリットがあります。

銀行引き落としなどにより、毎月機械的に購入するため、相場の上下動に一喜一憂することなく、淡々と投資し続けることができます。下げ相場の狼狽売りや、上昇相場時の買い増ししたいという衝動と無縁でいられるのが、大きなメリットです。

大手のネット証券会社では最低積立額500円からというところもありますし、直接投信では1000円から積立購入できる商品もあります。積立投資の福利で利益が積み上がる仕組みになっていますので、早く始めた人ほど利益が多くなるシステムです。

自分が投資しているファンドの内容を把握しておくことは重要ですが、一時的な価格の上下動に左右されずない積立投資は、忙しい毎日を過ごす現代人にとっては、投資のタイミングを考えなくてもよい優れた商品です。まずは少額から始めてはどうでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る