新高値更新銘柄の数に注目していく

現在の相場はどの位置にあるのか、下落相場か、上昇相場か、上昇相場
なら暴騰相場なのか、中途半端な上げ相場なのか、どのように判断して
いけばいいのでしょうか。また、何を見たらいいのでしょうか。

市場の動きを予測し、判断するには、新高値かどうかが大きなカギとな
っていきます。

今後の上昇力については予測することがある程度可能です。テクニカル
分析に頼っていると、そんなことは不可能だと思うでしょうが、上昇相
場の性質を理解し、新高値更新についてしっかり着目していればよいの
です。

上昇相場では、いくつかの新高値更新株が先導株になり、相場全体を引
っ張っていきます。この先導株が多いほど、上昇相場への可能性が高い
といえます。

下げ相場では、新高値更新株はそうそう出てきません。つまり買うべき
株がないのです。買わないから損はしません。これが底値買いをすすめ
る投資方法との大きな違いです。

暴騰相場では多少の選定ミスがあっても、損をすることがありません。

一番気を付けなければいけないのが、上昇していても弱い相場です。

ここでは新高値更新株はいくつか出現しますが、市場が弱いのでその後
短期間でも下げに転じることがあります。これは出来るだけ避けたいと
ころです。

それでは、新高値の銘柄数に注目してみましょう。

この数が多いほど、相場は強く、1年以上の上昇期間が見込めます。こ
の数が少なければ上昇は短期間で終わってしまうことが多いのです。
つまり新高値更新株の出現数を押さえておくことが、相場を読むポイン
トになるということです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る