人気の株をみつけるところから儲けははじまる

株を実際に購入するにあたり、気をつけなければならないことがありま
す。初心者の投資家は、出来れば株を安く買いたいと思うのが常ですが、
それは大きな落とし穴といえます。

実際に、底値で買って高く売るという投資手法を勧めている本もたくさ
んありますが、それは実はかなり難しいあいまいな手法です。とてもお
すすめは出来ません。

安い株は安いなりの原因があります。市場からは価値がないと思われて
いるからこそ安いのです。ここから儲けが得られると思いますか?

それではどんな株を買ったらいいのでしょうか。高い株を買ったらそれ
こそ儲けが得られないのでは?と考えるのは当然です。

株には、新高値株と非新高値株があることはご存じですか?
非新高値株とは、新しい時代を迎えられない企業の株です。つまり株価
の動きも今一つで、市場からの人気もありません。そのような株を持っ
ていても売り抜けるにはかなりの時間がかかってしまい、結果塩漬け状
態になってしまうでしょう。

株式相場の格言にはこんなものがあります。

「天井3日 底100日」

株が上昇期に入るまでの期間(底練り)はとても長く、いったん上がる
と急激に上がるが、その上昇値は3日程度で短いものである、というこ
とです。

市場から評価され人気が出て、底練り期から上昇期へと明確に移動曲線
を描けた時が、その株価の新高値更新の合図です。

それでは、実際に購入するときに注目すべき人気株、これを見つける方
法を考えていきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る