テクニカル分析で簡単にわかる「売り」タイミング

「売り」は「買い」よりもはるかに簡単です。なぜなら、テクニカル分析
を行うことで、ほとんどの場合、対応可能だからです。

テクニカル分析は、純粋に数値だけの世界ですから、人の思考が入る余地
がありません。機械的に「売り」のサインを教えてくれます。あなたは、
それに従うだけでよいのです。

業績が好調だからまだ上がるのでは?などと、余計なことを考えていると、
売り時を間違えます。慣れるまでは、テクニカル分析ツールに素直に従う
方が賢明です。

「売り」のときに気をつけなければならないことは、たったの1点です。
『あまり欲を出さない』ことです。少しでも高く売りたいという気持ちは
わかりますが、かならずどこかで売ることになるのですから、持ちすぎて
損をするくらいなら、多少のところは目をつぶることが必要です。

前項で説明したように、「二段波動」理論を使用すれば、はじめから目標
とする天井株価が予測できますから、その付近に到達したら、さっさと
「売り」に転じましょう。

また、不幸にしてその会社の業績が悪化した場合も、株価に反映する前に
売ってしまった方が得策です。まれに、V字回復することもありますが、
上昇局面のうちに売っておけば、多少なりとも利益は残りますし、元本割
れという悲劇は回避できます。

初心者の方に多いのは、自分が持っている株価が上昇すると、自分のお金
が増えたと錯覚してしまうことがあげられます。株は、持っているだけで
はただの株券です。「売り」に出して、換金して始めて自分のお金になる
のです。

そこのところを勘違いしてしまうと、売り時を逃し、結局損切りという羽
目に陥ります。

「売り」に関しては、次項でも述べますが、テクニカル分析ツールで簡単
に「売り」サインが見つけられますので、最初は素直にツールに従いまし
ょう。

その分、「買い」に対しては、とことん突き詰めてください。「買い」の
基準は厳しすぎるくらいでちょうどよいのです。後で、買っておけばよか
ったと思っても、それは架空の話しであり、実害はないのですから、縁が
なかったと思って割り切ってください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る