持ち過ぎ注意「売り」のタイミングを逃さないで

「売り」のときに気をつけなければならないことは、たったの1点。

『あまり欲を出さない』ことです。少しでも高く売りたいという気持ち
はわかりますが、かならずどこかで売ることになるのですから、持ちす
ぎて損をするくらいなら、多少のところは目をつぶることが必要です。

次に必要なのは、テクニカル分析ツールごとの特性をよく知っておくこ
とです。ここでは、長期間に渡って検証した結果、利益率が高い2つの
テクニカル指標としてRCIと売り転換線を紹介します。

RCIは株価が天井株価付近で保ち合いを形成しているときに有効で、
売り転換線は株価が急激に下落した場合に有効な指標です。

最後にもっとも重要なのが、ダマシ「売り」サインを見破ることです。

テクニカルツールを使用する際に気をつけなければならないのは、「う
まく機能しないケース」を知っておくことです。「うまく機能しないケ
ース」というのは、天井株価だと思って売った株が、そこで下がらず、
その後もさらに上がり続けるケースのことです。

この原因の多くは、助走相場にダマサレて売ってしまうことにあります。
助走相場とは、保ち合いと上昇相場が混在した状態をいいます。助走相
場を見抜けるテクニカル分析ツールがあればよいのですが、今のところ
は打つ手無しといった状態です。

助走相場が出現した場合は、二段波動では終わらず、その後も何度も続
きます。助走相場で売ってしまったら、すぐ買い戻して、次の高値まで
待ちましょう。以上が、売りのポイントです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る