NISA、ここがちょっと不便?

2014年スタートの少額投資非課税制度、NISA。ここでは、この
制度のちょっと不便と思われる点を挙げていきましょう。

1つ目。まず、非課税枠は繰り越せないことです。

1年目に50万円しか投資しなかった場合、2年目に150万円投資で
きるかというと、それはできません。2年目は2年目で、100万円し
か投資できません。また、100万円買ったけど、50万円売ってしま
った場合にも、その50万円の枠は復活しません。

2つ目には、損益通算ができないということが挙げられます。

意外と知られていないのですが、これは大きなポイント。通常であれば、
トヨタ株とアップル株を持っている場合、片方が損をして片方で儲けた
場合には、損益通算が出来ます。トヨタ株で10万円利益が出て、アッ
プル株で10万円損をしたら、その時の課税額は0円です。

けれど、もし、アップル株のみNISA口座に入れていたらどうでしょ
うか?トヨタ株には課税される結果、20%の税金がかかり、2万円持
っていかれることになります。ここが、他にも金融資産がある人の注意
点となります。

3つ目は期間が5年間のみということです。

5年経過したときに、買っていた株なり投資信託が値下がりしていた場
合には、それを普通の証券口座に移管すると、そこから値上がりした分
に課税されてしまいます。もし、5年後、値下がりしている場合には、
新しいNISA口座に移すことをお勧めします。

4つ目は、今保有している株や投資信託をNISA口座に移すことは出
来ないということです。

移す場合には、一旦売却して、買いなおす必要があります。ちなみに毎
月積み立ての場合は、積立口座をNISAに設定すれば、今後買い付け
るものに対してはNISA口座で運用できます。

5つ目には、分配金を再投資しても、100万円の枠の中に入るという
ことです。

これは、気が付けば、枠がいっぱいだったということも起こりそうですね。

ちなみに、金融機関は4年間変更できないという決まりがありましたが、
どうやら、一年ごとに金融機関を変更できるように制度が変更されたよう
です。上限年数撤廃も多くの識者が要求しているので、おそらくは制度変
更されるのではないかと考えています。このように、もっと使い勝手の良
い制度になっていくことが今後も期待されるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る