長期間株を持っていてくれる個人を歓迎するNISA

少額投資非課税制度、略称NISA(ニーサ)、投資をしている方であ
れば、どこかで聞いたことある名前でしょう。

そう、マル優こと少額貯蓄非課税制度ですね。違いは投資か貯蓄か、と
いうことだけです。どちらも税率20%が0%という点でも共通してい
ます。

前項で、マル優が日本人を貯蓄好きに変えた、というお話をしましたが、
このNISAは日本人を投資好きに変えようという制度なわけです。

さて、日本人の心性を変えようという、この政策の中身をちょっと見て
いきましょう。

まず、投資出来るのは、株式と株式投資信託。国債や社債などの株式じ
ゃないものは対象外です。REIT(不動産投資信託)および、外国株
を買うこともできます。

この制度の本旨が、「日本の会社の株を日本人に保有してもらいたい」
ということなので、株式や株式投資信託への投資が推奨されるのは当然
です。また、外国株を日本人が買うことは問題ではありません。よって、
制度利用者は、日本に住んでいる20歳以上の人です。

少額投資非課税制度というだけあって、投資金額は100万円までです。
非課税の期間は5年間となっています。毎年100万円ずつを5年間ま
で、ですから、最高額は500万円まで投資できるようになっています。

ちなみに、この100万円の枠、一度使うと復活しません。50万円買
って、30万円売却したら、残り投資できるのは、50万円だけです。
80万円ではありません。短期間で売買をする人には不向きな制度設計
となっているといえるでしょう。

つまり、長期間で保有するのに、向いているように作られています。

おそらくは、毎月コツコツと積み立てて投資をするような個人に向けて
作られているのでしょう。

そのほかのルールとしては、一人一口座までということと、その口座を
4年間は他の金融機関に移せないのということが挙げられます。非課税
という制度である以上、きちんと監視をする必要があることから設けら
れたルールであると言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る