初心者向けNISA活用法―投信とETF―

「NISAも始まるし、これを機に投資を始めよう。」そんな人は、最
初から株式投資を始めるよりも、まずは投資信託やETFを買うことか
ら始めましょう。

これはNISAを使おうが使うまいが、すべての投資初心者にあてはま
ることです。

では、投資信託とは何でしょうか?

投資信託とは投資家から集めたお金をひとつの大きなお金としてまとめ
ることで、運用のプロが株式や債券などに投資・運用する商品のことで
す。つまり、自分で商品を選ぶ必要がなく、かつ、自分では買えないよ
うな高額な商品に投資できるわけです。

100万も200万もするような株なんて買えない、というような人で
も間接的にその株を保有することができるようになります。そして運用
成果は投資家のそれぞれの投資額に応じて分配されることになります。

初心者がいきなり高額の株を買うのも難しいですし、それを当てるのも
大変難しいと思われます。投資信託であれば、大体1万円程度から始め
られるので、初心者にもハードルが低いでしょう。

ETFとは上場している投資信託のことで、投資信託よりも売買しやす
いのが特徴です。

NISAは年間投資額が100万円と決められています。株式を買うと
なるとすぐに枠を使いきってしまいます。

ベンチャー系企業の株を一気に買って、100倍になるのを夢見るのも
いいですが、そんなリスクは取れない、という方は、投資信託を選択す
るのがベストかと思われます。

年間投資額が100万円といっても、毎月投資しようとすれば、月々8
万円程度まで投資できることになります。日経平均等のポピュラーなイ
ンデックス投信に8万使うのでもいいですし、投信なら投信で色々なも
のがありますので、そこで、日本のものや海外のものといった形で分散
してもよいでしょう。

ちなみに、一気にまとめて買うよりも、毎月コツコツ積み立てるほうが
よいでしょう。なぜなら、一気にまとめて買うと、高値で購入してしま
うリスクがあるからです。

毎月コツコツ買うことで、買い付け金額が平均されます。買うタイミン
グを測ることが難しい初心者には、ぜひお勧めしたい買い方です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る