セゾン・バンガード・グローバル・バランス・ファンド

ローコストの投資信託として注目したいファンドに「セゾン・
バンガード・グローバル・バランス・ファンド」という商品が
あり、この1本の投信で世界30カ国以上の株式と10カ国以
上の債券に分散投資できるのが特徴。

一般的に手数料が高いと思われている、ファンド・オブ・ファ
ンズなのですが、この投信は販売手数料無料(ノーロード)の
上、信託報酬率が年0.74%±0.03%(投資先ファンド
の運営管理費などを含む)ということで、資産分散型投信のな
かではかなり割安な設定。

割安の要因として、米国投信業界の低コスト化の牽引役でもあ
る、バンガード社の投信に投資することや、直接販売形式を採
用していることがあげられます。

徐々に運用実績をあげているようで、今後さらにその動向を見
守りたいところで、従来型の投資信託と比べればかなり期待の
持てる商品だと思います。

本来であれば3本のインデックスファンドを組み合わせて購入
する方がよいのですが、それが面倒だと感じる方はこの「セゾ
ン・バンガード・グローバル・バランス・ファンド」1本を購
入すれば、国際分散投資の効果は十分にあるといえます。

さらに、従来の資産分散型投資信託と比べてコストが安い上に、
分配金も年に1回しか出さないため、資産形成にも最適。

これからも継続的に運用状況を確認していく必要はありますが、
比較的安定的な運用方針のため、過大なリスクを抱えたくない
方は、この投資信託を1本購入して保有、もしくは毎月一定金
額を積み立てていくというスタイルでも十分でしょう。

ただ、国内資産の比率(約15%)に対して、海外資産の比率
が約85%と高い点が気になるという方は、長期的な資産形成
が可能な若い方であれば、この投資信託に加えてTOPIX連
動型のETF(1306)やTOPIX連動型のインデックス
ファンドを組み合わせて運用する方法もあります。

しかし、リタイアまでの期間が短い方や、リタイアをすでにさ
れている方には、安全性を高めるために日本債券(MMFや個
人向け国債)などを組み合わせて保有するという考え方もあり
ます。

セゾン投信は電話でもインターネットでも注文ができるため、
パソコンが苦手な方でも購入することができます。

この他にも、マネックス証券では1本で国内外の株式、債券、
不動産に投資できる「マネックス資産設計ファンド」(運用は
DIAMアセットマネジメント)を2007年1月から販売を
はじめています。

販売手数料は無料で、信託報酬は0.9975%と、信託報酬
については「セゾン・バンガード・グローバル・バランス・フ
ァンド」比較すれば高めとなっていますが、投資先に不動産が
加わる点と、資産配分等も含めて運用会社に「お任せ」という
スタイルが特徴。

年6回分配金を受け取ることができる「隔月分配型」と、年1
回のみで再投資される「育成型」の2つの選択肢があります。

いずれも、自分でインデックスファンドを組み合わせるのが
面倒な方や、わからない方にとっては、ローコストでおすす
めできる商品だと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る