上昇トレンド時の優良株の回転売買で大儲けするには

上昇トレンドの場面でも、相場というのは上げては下げての繰り返しでジグザ
グしながら小さな波を打って上昇するものです。その小さな波をうまく捕らえ、
波動ごとに買って売ってを繰り返す回転売買が上手くできれば、運用成績は飛
躍的に上昇します。

ここでは、上昇トレンドにおける回転売買の方法を紹介しようと思います。

回転売買の方法は、「同じ銘柄で回転売買をおこなう」のと「資金の流れを読
んで回転売買をおこなう」の2つになります。

(1)同じ銘柄で回転売買をおこなう

いくつかの「優良株」に的をしぼり、それを対象として回転売買をおこなう方
法です。株価が上がったら利益確定をおこない、押し目(調整等で株価が下が
るタイミング)が合ったらその銘柄を再び買います。

この方法の基本は、移動平均線の25日線を使います。25日線よりも乖離が
大きくなったら売り、25日線近くまで落ちてきたら買い、といったことを繰
り返すことが重要になります。売りに関しては、チャート分析も組み合わせる
とより精度が上がるでしょう。

この方法は同じ銘柄を繰り返し売買しますので、その銘柄の値動きを感覚的に
つかんで得意銘柄にすることもできます。

(2)資金の流れを読んで回転売買をおこなう

この方法は、資金の流れを読んでおこなうものですが、その流れは主に2通り
あります。

●内需株→ハイテク株→内需株→ハイテク株

●大型株→中小型株→大型株→中小型株

この二つになります。この資金の流れを見ながら、該当する株を探して売買し
ていくという形になります。こちらも(1)と同様、25日線との乖離を基に
売り買いしていってください。

ハイテク株か内需株かの方向の見極め方ですが、日経平均株価とTOPIXの
どちらが買われているのかをよく見ることです。日経平均株価はハイテク株の
影響が大きく、TOPIXは内需株の影響が大きいからです。

大型株、中型株、小型株は、それぞれ指数がありますので、その動きを見れば
どこが買われているのかを確認することができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る