儲かるためのデリバティブ投資戦略

オプションをうまく使うと、リスク管理や急激な値動きに対応すること
が可能になったりと色々と有利になれますが、ハイリスクハイリターン
な投機的戦略も可能です。ここではそれらをご紹介しましょう。

まず説明を。オプションにはプットとコールがあります。プットは決め
られた値段で売る権利、コールは決められた値段で買う権利です。どち
らも期間が決まっています。

株でマーケットが急激な動きを見せた時に素早く対応するためには日経
平均コールオプション(買う権利)を買えばマーケットの動きに素早く
対応できます。

購入時、オプション代としてプレミアムというものを支払わなければな
りません。プレミアムはマーケット上昇に伴い上がりますが、その時は
もちろんオプションの価値も上がっているので大丈夫です。
また、買うだけではなく売りから入ることも可能です。この場合誰かが
権利を行使した場合、それに応えて売却、或いは購入しなければならな
い義務が発生します。

以下に説明する戦略は、コール・プット共に売ることを利用します。

さて、『ストラングル』『ストラドル』という言葉を聞いたことはある
でしょうか。これは値動きが停滞すると見た時に使える戦略です。まず
はストラングルから見て行きましょう。

ストラングル取引とは値段の違うプットとコールを同時に売ることです。

日経平均が1万4000円の時に行使価格が同じ1万4000円のコー
ルを売り、1万2000円のプットも売ります。こうすることによって
コールで5万、プットで3万円のプレミアムを得ることが出来ます。

そのままオプションの期間をすぎるまで値動きが1万2000円から1
万4000の間に留まっていれば8万の収入が確定します。しかしそれ
よりも値段が上がると権利を行使され、それだけ損になり、同じく下が
っても損となります。ストラドル取引よりは値動きの許容範囲が広いの
がポイントです。

ストラドル取引とは値段の同じプットとコールをやはり同時に売ること
です。

この場合株価が動かない限りストラングルの時よりも多くのプレミアム
が期待できます。やはり、株価が動けば動くほどに権利を行使される可
能性が高くなるのでリスクが高まります。ストラングル取引よりも値動
きの許容範囲がシビアですが、その分リターンがあるという感じです。

以上の戦略はハイリスクであるとともに当然ハイリターンでもあります。
リターンを最小限に抑えるためにもマーケットの予想が現実と食い違っ
たと感じた時には思い切って損切りをする冷静で決断力のある投資家マ
インドが必要とされます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る