株取引初心者が損しない心得5カ条

株取引初心者が損をしない投資方法とはどのようなものがある
のでしょうか?

具体的には次の点に注意しながら株式投資をしていけば、損を
するリスクをある程度は軽減することができるでしょう。

【株価の変化(上下)に惑わされてはいけません】

株価の一時的な値動きにプロの投資家は惑わされません。

なぜなら会社の価値に注目して投資をしているため、会社に投
資をした結果、会社が成長し、その過程で株価が上昇すること
によって利益を得ることができると知っているからです。

【理解できな会社の株を買ってはいけません】

自分で理解できない会社の株を買うということは、株価の値動
きだけを見て投資をするのと同じことで、これはギャンブルと
同じことです。

知らない会社の株は、状態がよいのか悪いのかという判断がで
きないため、値動きだけしか判断材料がないということが、買
ってはいけない理由となります。

【取引のタイミングを意識し過ぎてはいけません】

株取引の際に参考となる「株価チャート」を見れば過去の株の
値動きがわかるため、「あの時点で買っておけばよかった」や
「あの時点で買っておけばよかった」などと、あくまで結果に
過ぎない数字を見て後悔することがあります。

しかし、ベストなタイミングがわかるのはそのタイミングが過
ぎてからになるため、そこにこだわって投資を実践するのは非
常にむずかしいといわざるを得ません。

投資のタイミングを計るあまり、投資先の会社の内容(売上や
資産・経営内容)などを調べることを怠れば、それは本末転倒
といえるでしょう。

【取引の回数を減らし、手数料などのコストを削減しましょう】

株価が上がらなくても、株取引をすればそれに必ず売買手数料
がかかります。

当然頻繁に株取引を繰り返せば、その分多くの手数料を証券会
社に支払わなければなりません。

小額の手数料でも回数が多くなればそれなりの金額になるため、
運用利回りを低下させる原因にもなりますから、ムダな取引は
極力避けるようにしましょう。

【分散投資を心がけましょう】

「安定的な利回りを長期間に渡って継続(確保)する」という
ことが、資産運用の最も大切な基本事項となります。

そのためには、リスクを軽減する分散投資が最適です。

○銘柄を分散させる(複数の会社に投資をする)

○時間の分散(買うタイミングをずらして買う)

○資産の分散(株式投資以外の投資先を組み合わせる)

以上の3つの分散を意識すれば、リスクを減らした安定的な資
産運用ができるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る