信用取引を適切に使って資産1000万円を目指す

株式投資を資産倍増計画の一環として考えると、1000万円という水
準は最初に超えなくてはならない大きなハードルです。元手100万円
か200万円でスタートした個人投資家が資金を増やすためには、コツ
コツ1%ずつ増えるのをじっくり待っていると100万円増えるのに、
何十年もかかってしまいます。

資産が多くある投資家の場合は、1億円が1億100万円になるのに、
1回の取引で到達しますが、少額の資産しかない多くの個人投資家とし
ては、ドカンと一発大きく賭けることをしないと、なかなか順調に資産
が伸びていかないのです。

資産が1000万円あれば、複数の銘柄に分散投資したり、同じ銘柄で
も時期をずらしたりすることで、リスクの軽減を図ることができます。

リスクが少なくなれば取引にも精神的な余裕が生まれて成功するチャン
スが広がるのです。株式投資は心理ゲームでもあるので、冷静に対応で
きるかどうかが一つのカギとなります。個人投資家は、株価の値動きに
一喜一憂してしまい、冷静さを失うことも多いのですが、プロの大口投
資家は、常に冷静に相場を見ることができます。

そのためにも、個人投資家はまず余裕をもってトレードできる水準であ
る1000万円の資産というレベルをまずは目指すべきなのです。

100万円や200万円をたとえば1億円にするのなら、一気にそこま
で到達するのはリスクが高く、ほぼ不可能なので、まずは1000万円
を目指すのが進みやすい道といえます。

それを実現するのが大勝負なのです。100万円を1000万円にする
には、何度か大勝負をしなければなりません。そして、大勝負のときは
常に勝つつもりでトレードする必要があります。大勝負に連勝すれば早
く1000万円に到達するでしょう。

しかし、そのためには、信用取引を使わなければなりません。信用取引
は、借金して株式のトレードをすることなので、どうしてもリスクがつ
きまといます。トレードに失敗したら、運用益が減るばかりでなく、資
産が0になったり、マイナスになったりすることもある危険な取引です。

このリスクを承知の上で、何度か信用取引を利用した大勝負をしなけれ
ば、なかなか1000万円のレベルに到達しないのです。

ところで、最初の資金として1億円持っている投資家は、簡単に資産が
倍増するかと言えば、実はそうでもないのです。1億円を特定の銘柄に
注文を入れると、中小の株の場合、一気に値が動きます。買いで入った
場合、売りの相手を見つけることが困難なケースもあります。

一方、大型株ではそんなことはなく、株価も目立って動かないかもしれ
ませんが、新興市場の株などでわりとよく見られる光景なのです。

このように、大口の資金を持っている投資家は、大型株しか取引できな
いため、収益を出すことが難しくなってきます。1億円を投資しても何
事もないような銘柄でかつ、割安で、将来株価の上昇が見込めそうな銘
柄となると、選択肢が非常に狭まるのです。

そういった意味でも、個人投資家はトレードしやすいので、まずは10
00万円を目指すのがオススメです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る