欲張らずに冷静な取引を心がけていると、だんだん勝てるようになる

買った株が値上がりすれば利益確定します。でも、そのタイミングは人
それぞれ、実に様々です。これは素人の個人投資家だからとか、プロの
大口投資家だからといった理由で、何かのパターンがあるわけではあり
ません。でも、利益確定した前後の気持ちの持ち方は、素人とプロで違
ってきます。

例えば、300円で買った株がその後順調に値上がりして、500円に
なったとします。この水準で売るか、もう少し待つかは人それぞれなの
です。どっちが正解というわけではありません。今回、500円で売っ
たとして、その後株価が800円になったとしたら、どのように考える
でしょうか?「もう少し待っておけば500円プラスになったのに残念」
と思うか、「500円は取れなかったけど、200円プラスになったか
らよし」と考えるかどちらかです。

前者のような考えをする人は、実は株式投資には向いてない人です。な
ぜかというと、欲張りすぎる点がよくないのです。300円で買った株
が500円になった後、800円になるのも200円になるのも、30
0円上がるか下がるかだけで、同じ確率です。株価が500円の時点で、
待っていれば800円になる保証はないのです。

それを待つのは、リスクが大きいのでやめる方が賢明です。後者のよう
な考えをする人は、相場に長く残る可能性が高い人と言えます。少ない
利益でも確実に自分のものにできるのがまずは大切です。利益を伸ばす
のは、その後でもいいのです。

相場の格言の一つに「頭としっぽはくれてやれ」という名言があります。
最安値で買って最高値で売りさばくのがベストな取引なのですが、そん
な神業みたいなことは不可能なので、株価が上がり出してしばらくした
ら買って、トップをつける前にどこでも利益確定売りをするということ
です。これでも値幅は小さいですが、確実に儲けが出るのです。

相場にはいろいろな落とし穴が潜んでいます。そんな中、常に勝ち続け
ることは不可能です。負けるものと思って取引をする方がいいかもしれ
ません。勝ったときはあくまで偶然の勝利、負けたときは負けるべくし
て負けた・・・、つまり必然の敗北というように考えると、謙虚な姿勢
で相場と対峙することができるのです。

株式投資は、欲張るとどこかで確実に足を踏み外します。もし仮にあな
たが連続で勝ち続けていたとします。そのような状況では、誰しも「自
分は成長した」とか「株で負ける気がしない」などの優越感に浸る可能
性があります。

しかし、連戦連勝したのは単なるまぐれです。連戦連勝することもあれ
ば、連戦連敗することもあります。常に控えめな気持ちで、欲張らず冷
静な取引をすることが勝ち組へ近づく秘訣なのです。

また、勝つときは偶然なので気にしなくていいのですが、負けたときの
敗因や状況の分析は必ずするべきです、それによって、自分の癖がわか
ったり、自分が弱いパターンがわかったりします。

負けパターンがわかれば、次にそのような相場になったとき、手を出さ
ずに様子見に徹することもできますから、次第に勝率がアップしていく
ことでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る