海外に投資する時に為替リスクを回避する方法

日本の株式市場だけで資産を運用するよりも、海外の株式市場でも投資
をした方が利益を得る確率を高めることができますが、日本円を海外の
通貨に両替する必要が生じるので、為替リスクのことを考えると海外で
の投資を躊躇する人もいます。

米ドルを所有している時に円高になると為替差損が生じ、円安になると
為替差益が生じます。為替レートは両国の経済状態や国際的な問題など、
さまざまな要因で変動するために予想するのが難しく、海外と取引を行
う企業でも、為替差損で大きな損失を受けたり為替差益で儲けることも
あります。

通常は円高で輸入関連の企業が業績を伸ばし、円安になると輸出関連企
業の業績が良くなるため、株価も為替の変動に応じて変化していきます。

事前に為替相場や受け渡しの時期などを決めておく為替先物や為替予約
などを利用すれば為替リスクをなくして取引をすることができますが、
そのような方法で為替リスクをヘッジすると、二つの通貨の間の金利差
を負担する必要が出てきます。

現在の日本は歴史的な低金利時代ですので、他国の高い金利を利用しよ
うとして持っている海外通貨の一部をヘッジしないで保有するようにし
ているのです。

企業は多額の資金を使って海外と取引をしますので、海外の高金利を利
用すれば大きな利益を手にすることができます。そのため、為替先物な
どの方法がありながら、為替の変動によって影響を受けることになりま
す。

一般の投資家も為替をヘッジしているファンドを利用すれば、為替リス
クをなくして海外の株式市場に投資することが可能となりますが、金利
差だけ損失が出てしまうことになるのです。

日本よりも経済成長が見込める海外市場や株価が上昇を続ける国もあり
ますが、海外に投資する時には為替リスクをヘッジするかしないかを、
良く考えなくてはなりません。為替リスクのことも良く理解して投資を
しないと、思い通りに株価などが上昇しても最終的に利益を出すのが難
しくなってしまいます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る