堅実な会社の株式を長期的に保有するファンダメンタルズ投資

投資先を選ぶ方法はたくさん存在しますが、会社の本来の価値にくらべ
て割安の価格になっている株式の中で利益が出たら毎年株主に配当を支
払い、その後株主資本を積み上げるような堅実な会社だけの株式を購入
し、資産を築いている人もいます。

株式市場の動向を観察するのが専門のアナリストの意見や、証券会社の
営業マンのアドバイスなど参考にせずに、ひたすら自分の考えたシンプ
ルなルールに則って、長期的な株式投資で大きな利益を得て来たのです。

実際にこのような会社を探すには、多くの会社の内容が掲載されている
会社四季報などで、それぞれの各会社の株価収益率(PER)と株価純
資産倍率(PBR)などを見れば経営内容を知ることができます。

投資理論では利益が出た場合は株主に利益を支払わずに、利益を積極的
に投資して事業の拡大を図るのが良いと言われていますし、配当を支払
うことは二重課税となるのであまり賢明な方法ではないとされています。

株主に配当を支払うための配当原資は法人税を納めた後の税引き後利益
の中から出され、さらに株主が配当を受け取る時には配当課税が徴収さ
れることになるからです。配当の二重課税の問題は、改善するための要
望もあるものの、余裕のある投資家から税金を取っても問題はないと考
えられているのか、そのままになっています。

そのため、投資家の中にも、投資をして成果が挙がる可能性があるので
あれば、株主に配当を支払うよりも再投資をして経営内容をよい良いも
のにするべきだと考える人も少なくありません。

しかし、配当に関する考え方に違いがあっても、財務内容が良くて割安
な銘柄を購入して長期的に保有をすることで利益を得る方法は、極めて
効果的なものであることは確かです。このファンダメンタルズ投資と呼
ばれる方法によって、世界中でたくさんの人が、莫大な資産を築くこと
に成功しています。

株式投資で利益を得る方法には、デイトレードのように短期的な売買を
するのものの他にも、ファンダメンタルズ投資のように長期的にじっく
りと資産を形成する方法もあるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る