取引の成立する株価が予想できない成行注文

株式取引の注文方法には、指値注文と成行注文の二つがあります。

指値注文は株価を指定して注文をする方法で、株価が指定した価格にな
らないと売買が成立しません。

成行注文は株価を指定せずに、とにかく売買が成立することを優先して
取引が行われます。成行注文をすると予想もしていなかった値段で売買
が成立してしまって、投資全体の計画が上手く行かなくなることもある
ので注意しなくてはなりません。

株式を買う時に、最初から予想外に高い値段で買ってしまうと、その銘
柄を持っている間中ストレスを感じることになる上、成行注文で保有株
式を売却すると利益が出ると思っていても損失が出てしまうこともある
のです。

特にマザーズやヘラクレスのように出来高の少ない銘柄は、成行で買い
注文を出すと想像もしないような高い値段で取引が成立してしまう可能
性があります。また、株価の変動が激しい時も、少しの間で大きく株価
が変わるため、成行注文だと注文が成立する値段を予想することができ
ません。

売買の状況を詳しく見れば成行注文でも、株式取引の経験豊富な人であ
ればどの位の値段で取引が成立しそうか予想が付くこともありますが、
あまり株式取引の経験のない人や思った通りの株価で買いたい人などは、
指値注文を使うべきです。

指値注文であれば思い通りの株価で取引をすることができますので、事
前に立てた計画に従って株式投資を行うことが可能になります。それに、
株価の動きを気にして、いくらで取引が成立するのかと気を揉むことも
なくなりますので、余裕を持って取引できるようになります。

時には、指値注文をすると取引が成立しないこともありますが、何日か
時間をかけて指値注文を続ければ、思う通りに売買することができるで
しょう。

それでも、売買ができなかった場合は、株式市場は予測ができないもの
であると思って諦めるしかありません。次の機会に取引に向けて気持ち
を切り替えるようにしたいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る