5%ルールをうまく使った外資系ファンドの策略とは?

投資家の保護と公正な取引を実現するために、「5%ルール」と呼ばれ
るものが存在します。5%ルールとは、特定の株式を5%以上所有して
いる株主を公表するシステムです。5%を超えると、大量保有者として
認識されるようになります。

保有した日から5日以内に大量保有報告書を提出しなければなりません。
これは一般に公表され、情報の少ない個人投資家が平等に知ることがで
きる情報の1つとなります。

外国人投資家などは以前、この5%超えで株価操作をする方法を使って
いました。大口の投資家がある銘柄の5%を取得したと発表されれば、
その会社にとって何か魅力的なことがあったのかと思ってしまいます。

もしくは、大口投資家がこの会社を買収しようとしているのかとか、T
OBをする準備なのかといった憶測が飛び交うこともあります。こうな
ると、株価は上昇基調に・・・。

それを逆手に取って、最終的にはその株を売りたい大口の投資家が、ま
ず最初に買い集めます。保有割合が5%を超えると発表されますが、個
人投資家の動きを見ながら、買い進めることもあります。個人投資家が
買いに回ってきたら、時期を見て一気に売りに回ります。これで手持ち
の株を全部売ってしまえば、当初の目的を達成したことになります。

一度買いを増やして相場を下位の流れにした後、売り抜ける手法です。
当然この逆のパターンもあります。既に5%を超える株を保有している
大量保有者の大口投資家がさらに保有率をあげたいと思ったときには、
単純に考えると、そのまま買いを進めて行けばいいと思ってしまいます。

でも、単に買いが増えると、株価が必要以上に上がってしまい、欲しい
数だけ買うのに資金がたくさん必要になってしまいます。そこで外資系
ファンドなどは、最初じわじわ売り始めます。そうするとそれに気づい
た周囲の投資家がいろいろと噂を始めます。

大口投資家が徐々に保有率を下げているのは、この会社にとって悪いニ
ュースが発表される予定があるのかとか、業績が思わしくないのだろう
かといったネガティブな情報を予想するのです。そうすると、多くの個
人投資家が波に乗り遅れまいとして、早めに売りで入ったりするのです。

これを見ていた外資系ファンドはしばらく売ってある程度株価が下がっ
た時点で、反対に一気に買いに回ります。保有率を下げることで他の投
資家の売りを誘い、売り優勢で株価が下がり市場が持て余してきたとこ
ろで買えば、割安で大量に買うことができるからです。

いずれは株価も上がってきますが、最初から追加の買いをスタートさせ
るよりもはるかに少ない資金で保有率を高めることができるのです。

最近は大量報告の方式が少し変更となったので、外資系ファンドや銀行
などの大口投資家も以前ほどはこの手法を使わなくなってきましたが、
時々見られるやり方の1つです。それに、毎回毎回こういった手口をし
ていると、個人投資家も引っかからなくなります。そんなときは一旦あ
きらめればいいだけのことです。外資系のファンドがよく使いますが、
どのような流れになっても小口の投資家は損をしない仕組みとなってい
ます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る