ローリスクで安心、確実に儲けられる投資スタイルに変更しよう

個人投資家にとっての株式投資における最初の目標であり、最初の大き
な難関となるポイントは1000万円です。最初の資金が100万円か
200万円で株式投資の世界に入った個人投資家にとっては、1000
万円まで資産を増やすのには、かなりの努力と運が必要となります。信
用取引で一発勝負を仕掛けて何度かハイリスクな取引をしなければ、な
かなか短期間では到達できない水準なのです。

「運も実力のうち」と言いますが、何度か仕掛ける大勝負に連勝し、上
昇トレンドのタイミングにうまく乗れるのは、誰しも遭遇できるわけで
はありません。このチャンスをものにできる人は運がいい人なのです。
そして、1000万円の目標を達成できた個人投資家は、次はさらに上
の資産獲得を目標にすることになるのです。

ここから先は、ある程度資金面でも精神面でも余裕が出てくるので、取
引の幅が広がります。そんなときに2つ目の難関が登場します。それは
いかに自分を抑えることができるか、律することができるかということ。

最初の難関を突破した個人投資家は、資金を100万円から1000万
円に増やす過程で、何度か信用取引を使った大勝負を経験しています。
そして、その大勝負にことごとく勝ってきているのです。そのため、1
000万円から上を目指す際にもその大勝負の癖が抜けないという傾向
があります。

信用取引は、現物取引に比べ、はまれば利益も格段に多く、委託証拠金
維持率を限界まで下げると、短期間で多くの収益を得ることができます。
ただし、その分リスクも高まり、追証の危険性が飛躍的に高まります。

今まで連戦連勝だったからと言って、これから先も勝ち続けられる保証
はありません。信用取引で目一杯の取引を続けていると、1回の負けが
致命傷になりかねません。特に新興市場では、元来値動きの多い株が集
まっています。このような株に対して、委託証拠金維持率をギリギリの
水準まで下げて取引するのは、かなり危険といわざるを得ません。

新興株は、1日の間でも数%~10%の値動きはそれほど珍しいことで
はありません。買った金額から数%下がると含み損がでますが、委託証
拠金維持率を限度まで下げていると、この数%の下落によって追証が発
生するのです。1000万円を超える資金をまとめて投資している場合
は、追証に対応できる資金の持ち合わせがないことも多く、ロスカット
されてしまうのです。

運悪く1年に何度かある新興株の暴落にあたった場合は、一瞬にして1
000万円が0円になる可能性もあるのです。

このようなことから、資産が1000万円を超えた個人投資家は、攻め
の投資のスタイルから守りの投資スタイルに切り替えることが重要とな
ります。株式投資をする場合は、誰しも勝つことばかり考えて、負けた
ときのこと考えないようになるのが常。

これは人間の正常な心理状態です。しかし、1000万円を超えたら、
「安定」とか「確実」をキーワードにするとよいでしょう。仮に負けて
も大丈夫なように、無理のある取引をやめて、冷静で落ち着いた取引を
目指したいものです。そして、ローリスクで少しずつ資産が増えるよう
な取引にシフトするべきなのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る