負けないことと時には休むことがトレード成功の秘訣

株式相場の戦場で長く勝ち続け生き残るためには、どんな状況において
も負けないトレードを実践することが大事です。「常に負けない」こと
と「常に勝つ」ことは別物です。素人の個人投資家の多くは常に勝とう
と思って取引をします。一方のプロの大口投資家や証券会社のディーラ
ーたちは、負けないトレードを実践しているのです。

これはどういうことかと言えば、つまり、すべての相場で勝つ必要はな
いのです。自分向きではないと思った場面では、様子見に徹することも
大切です。個人投資家は、常にトレードしないと落ち着かない気分にな
ります。大口の投資家ほど、実際にトレードしている時間は少ないもの
です。大きく確実に稼げるチャンスをひたすらじっと待っているのです。
勝ち組になるには、どれだけ待てるかがポイントと言ってもいいでしょ
う。

トレンドで言えば上昇トレンドはわりと取引しやすいトレンドです。よ
ほど高値掴みをしない限り、買えば必ずすぐに利益が確保できます。次
にトレードしやすいのはボックス相場です。ボックスの上限下限をわか
っていれば、買いと売りの繰り返しで確実に大きく収益を上げることが
できます。それに対して下降トレンドは素人の個人投資家にとっては、
難しい相場です。

売りより買いを得意とする人が多い個人投資家は、下降トレンドの中で
も押し目買いをしてしまう傾向があります。買った直後に一瞬株価が上
昇することはありますが、その後また反転して株価は下降を続けます。

デイトレードなどでかなり短期のトレードをしている投資家は買いでも
勝てる可能性はありますが、大きく勝てるわけではく、損失は非常に大
きくなるため、分が悪いトレードとなります。下降トレンドでは売りを
メインに相場に参加するべきなのですが、空売りは若干のリスクが伴う
のも事実です。

こういった意味からも総合的に考えて、下降トレンドは難解なので手を
出さないのも一案です。

株式の取引は、板があるので大口投資家はそれを参考にしています。買
い板が厚ければそこに売り注文をぶつけてきます。逆に売り板が厚けれ
ばそこに買い注文をぶつけてきます。板が厚いということは、大口投資
家の注文がうまくさばけることを意味しています。これが大口投資家の
売買手法なのです。

そして、もし、自分の読みと違う方向に相場が動いた場合は、早めに損
切りします。このロスカットのタイミングは注文を出してから決めるの
ではなく、注文の時点でどこで利益確定するか、どこでロスカットする
かをあらかじめ決めているのです。

そしてその価格になったら機械的に損切り注文をします。これは素人の
個人投資家にとっていちばん難しいことの一つです。機械的に損切りが
できるようになれば、投資家として一人前と言えるでしょう。

負けを素直に認めて損切りすると、その後再び取引に参加できるチャン
スを得ることができます。

前回の損失は、次で取り戻せばいいのです。そういう意味でも早めの損
切りは、非常に有効な手段と言えるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る