平常心を保って冷静に取引すれば利益が増える

株式相場で勝ち残る方法は、まず常に冷静に取引をすることです。株価
が自分の思っているのと反対の方向に動いた場合、個人投資家の多くは
悔しいと感じます。それが正常な人間の心理です。でも、実際に損失が
出ているのは変えることができない事実なのです。

株式相場では、損小利大という言葉がよく使われます。損を少なくして
利益をどんどん伸ばすと口で言うのは簡単なのですが、実践するのが難
しいのです。

これがきちんとできるようになれば、もはや素人ではなく、セミプロの
領域に入ったと言っても過言ではありません。

個人投資家にかぎらず広く世間一般の人は、何かの新しい行動を起こす
ことより何もせずにじっとしていることの方が得意です。それは、じっ
としている方がエネルギーを使わずに楽だからです。

これは投資の世界でも同じです。勝っているときにそのまま見続けるこ
とは、利益確定売りをするより数倍楽です。また、負けているときに損
切りをせずに、相場が戻るのをじっと待っているのも楽です。

今言ったことからわかるように、じっと待っているのはいい場合と悪い
場合があります。利益が出ているときにそのまま置いておくのは、利益
がさらに増えるのでいいのですが、損失が出ているときにいつまでも放
っておくのは、マイナスが拡大するため絶対によくありません。これが
損小利大につながるのです。

損小利大とは、ロスカットを早めに利益確定はゆっくりという意味です。
相場が自分の思惑とは反対の方向に動いた場合は、自分の予想が間違っ
ていたことを潔く認めて早く撤退するべきです。相場は毎日あります。

ロスカットすれば次に儲けるチャンスが巡ってきます。含み損をかかえ
たままでいると、いつまでたっても新しい取引ができません。また、含
み損を抱えた状態でまだ資金に余裕があったとしても、その後の取引は
随分弱気なものとなってしまうのです。

しっかりした取引をするためにも、余裕のある売買が必要となってくる
のです。素人の個人投資家の多くは手元資金の全額を投資して、ちょっ
とした値動きでもロスカットになるような非常に無理のある取引をする
傾向があります。これは、最初株式投資を始めるにあたって、短期間で
元々の資金の数倍をめざす目標を掲げているからです。

信用取引でもかなり窮屈な取引をして、いざ含み損が出ると、どうにも
対応ができなくなるのが個人投資家なのです。それに対してプロの大口
の投資家は、余裕資金の範囲内で取引をします。自分の思っているのと
逆方向に動いた場合は、「速やかに」ロスカットする上、含み損を抱え
てもそれほど気にならない程度に資金を持っています。

気持ちの余裕があれば、落ち着いて冷静に取引できるし、慌ててミスを
犯すようなこともなくなります。個人投資家も、負けても取り返せるぐ
らいの余裕を持って取引をすれば、冷静な判断ができ、さらには、強気
の取引ができます。

そのため、早めのロスカットをした後でも、冷静沈着に次の取引で心機
一転新たな気持ちで取引に参加できるので、平常心を保つことができ、
挽回できる可能性も増えるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る