分散投資は資産と精神のリスクヘッジ

分散投資とは、1つの株に元金の全額を投資せず、複数の銘柄に分けて
株を購入する手法をいいます。

なぜ分散投資を行うかというと、「損失を最小限に抑えることができる
から」に他なりません。1000株買った場合と1万株買った場合いを
比べてみれば、一目瞭然です。

損失が出た場合前者は後者の10分の1です。精神的負担も同様に小さ
くなり、どっしりと落ち着いて株価の推移を見守ることができます。

博打にたとえてみましょう。マージャンを例に取りましょう。

千点10円のレートなら、箱点になっても300円のマイナスです。
和やかな雰囲気で軽口を叩きながら楽しんで打つことができます。

一方、これが千点100円になると、様相がガラリと変わります。
皆一様に勝負師の目付きに変身します。

投資という自分の財産を使って利益を追求する場合、ギリギリのお金で
精神的にいっぱいいっぱいの人と、余裕を持った資産運用を行っている
人のうち、長期的に勝利を手にできるのは、どちらだと思いますか?

当然、精神的にゆとりのある人の方が冷静な判断ができますから、そち
らの方が勝つ確率が高いに決まっています。

分散投資をするメリットはほかにもあります。それは、「稼げるときは
大きく稼ぎ、損失は最小限に抑える」ことです。

分散投資は、資産と精神のリスクヘッジを担う重要な役割を果たしてい
るのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る