ハイリスクハイリターンの投資の危険性

先物取引のようなハイリスクハイリターンの投資をしていると、わずか
な株価の変動で莫大な利益が発生したり大きな損失が出たりします。

先物取引で大きな損失が出てしまうと、取引を継続するためには証拠金
をさらに追加しなくてはなりません。もしも、証拠金を払うことができ
なかったり、そのまま取引を続けても損失が拡大すると思うのであれば、
損をしたままポジションの処理をする必要があります。

しかし、株価が大きく下落して損をしても、その反動で株価大きく上昇
することも多いので、そのまま我慢して株式市場を見続ける精神力があ
れば利益を出すこともできます。一度や二度であれば、さらに損失が発
生する可能性があるにも関わらず、証拠金を追加して取引を続けること
ができますが、長期間このような取引を続けられる人は僅か。

長期間取引を行って莫大なお金を手にした人もいますが、それ以上に多
くの資金を失ったり破産をした人の方が多いのです。ハイリスクハイリ
ターンの投資は、投機と表現した方が適切です。

ニュースや投資家向けの書籍で投機を行って儲けた人のことが取り上げ
られと、誰でも投機で儲けられるという気分になりますが、現実は必ず
損をすると言ってもいいくらいでしょう。

株式市場は確率が大きな要素となるために、他のギャンブルと同じよう
なものと考えることもできます。どのギャンブルにも必勝法などは存在
しませんので、大多数の人は損をすることになります。そのギャンブル
にレバレッジをきかせて勝負をするのですから、危険きわまりないので
す。投機をするかどうかは、その人自身が決めることですが、万が一の
時のことを事前に検討して備えておかないと、当人だけではなく周囲の
人にも迷惑を掛けてしまうことになります。

これから行うことが投資か投機であるのかなどを良く考えて、資金を運
用することが大切です。何も理解をしないで投資をして利益を出すこと
ができても、取引を続ければ大きな損失を出しことになりますので、投
資の仕組みをきちんと理解して投資をすることが重要です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る