プライベートバンクに負けない投資方法とは

多くの資産を抱える富裕層は、その資産を運用するためにプライベート
バンクと呼ばれる金融機関に資産運用を依頼をすることがあります。

プライベートバンクは、金融に関する知識と技術を備えた資産運用の専
門家で、日本国のだけではなく世界中で資金を運用して資産を増やすた
めに努力をします。

一般投資家とは桁違いの資金を運用するために、このような個人的に資
産に運用を任せる必要が出てくるのです。

顧客にしか内容が知らされないために、プライベートバンクが提供する
サービスや料金などについては良く分からない部分が多いのですが、債
券と株式を中心に投資が行われているようです。運用成績を見てみると、
ITバブルが崩壊した時には損失を出していますので、世界市場全体を
カバーするようなインデックスファンドで運用した場合とくらべると、
あまり良い成績とは言えません。

一説によればプライベートバンクを利用するためには年間100万円以
上ものサービス料が必要となると言われていますが、手軽に利用できる
インデックスファンドの方が成績が良いのであれば、一般投資家でも富
裕層に負けない投資をすることが可能です。

さらに、資金の1~2割程度をデイトレードや個別銘柄への長期投資な
どの積極的な投資に割り振れば、市場平均を超えるような運用成績を出
すこともできます。自分で好きなように資産運用の配分を決めることが
できるのも、一般投資家の強みの一つです。運用次第では、最高水準の
資産運用サービスを提供するといわれるプライベートバンクを、一般の
投資家でも簡単に打ち負かすことができるのです。

投資をする際には金融に関する基本的な知識は不可欠となりますが、フ
ァイナンス理論を使い合理的に投資をすれば、才能や技術などはあまり
必要とされずに、誰でも効果的な投資を行うことができます。

一般投資家と富裕層では運用する資金に差がありますが、地道に資産運
用を続けて行けば少しずつでも、その差を埋めて行くことも十分可能な
のです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る