一般の人でもプロに勝てる株式投資

あまり株式の売買について知識や経験のない人でも、株式投資で大きな
利益を挙げることがあります。

これは株式投資で利益を得るのに、それ程知識や技術が必要ないことを
証明する良い例だとすることもあります。

株式運用は裏表を当てるコイン投げや宝くじと同じように運が大きく左
右するもので、囲碁や将棋などのように知識や経験などが役に立つもの
とは違うとする考え方です。

将棋や囲碁などのプロに素人同然の人が勝つことは考えられませんし、
プロのスポーツ選手とアマチュアの選手の実力差は大きくアマチュアが
勝つことはまずありません。

このような分野で、プロがアマチュアに負けてしまった場合はニュース
などで大きく報道されて、話題となります。

ですが、株式投資においては、素人同然の人でもプロに勝つことがある
のです。家事の合間に株式投資をして多額の利益を得た主婦や、株式の
勉強を少しただけで株式の売買をして当分お金に不自由しない金額を得
た学生の話なども度々目にすることもあります。

そのため、多くの人が株式市場に注目をして、手持ちの資金をつぎ込ん
で多くの利益を得ようと熱中する人が後を絶たないのです。

では、本当に株式投資においてプロと言われる人たちの存在に意味はな
いのでしょうか。

株式運用のプロの代表はファンドマネージャーですが、このような株式
の運用を仕事をする人でも、将来の株式市場の動向を明確に予想して利
益を得ることは難しく、株式市場の平均である株式インデックスを上回
れば上出来と評価されます。

十分な知識と経験のあるファンドマネージャーが、常に株式市場の動向
に注意して株式の運用をしても、なかなか思うよう成績があがらないの
であれば、やはり株式は偶然に大きく影響されるものなのでしょうか。

しかし、株式は運だけで決まるものではなく、技術や才能などによって
株式運用の結果が影響するため、プロが存在することにも十分な意義が
あると主張する人たちも大勢いるのも事実です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る