世界市場の株式を保有するリスク

世界中の株式市場をポートフォリオとするインデックスファンドで投資
をする場合は、株式市場が拡大して株価が上昇するのであれば利益を得
ることができますが、リスクの点ではどうでしょうか。

リターンが大きくてもリスクが必要以上に大きいのでは、宝くじを買っ
て当るのを待つのと同じことになってしまいます。投資をする前に、リ
スク・リターン・コストなどのことを、具体的な数値で表して検討する
習慣をつけなくては、利益を得ることはできません。

近年では、世界市場全体のポートフォリオは1998年のロシア危機の
時に、一ヶ月で約14%の損失を出したことがあります。そして、年間
では2001年と2002年に2割以上、下落したのが最大の損失とな
っています。

金融商品などのリスクを計算するのに良く用いられる標準偏差を使って
世界市場全体のポートフォリオのリスクを評価すると、年間ベースでは
約15%となっていますので、30%を越えて上昇したり下落する確率
はそれぞれ2%程度です。

さらに、対数正規分布を用いて計算をしてみますと、一年間で一割の損
失を出す確率は一割程度、一割の損失を出す確率は0.1%程度、これ
からの10年間で一年間以上にわたり一割の損失を出す確率は約66%
となっています。

過去のデータからでしか、世界市場全体のポートフォリオのリスクを評
価することができませんが、他の投資方法にくらべると低いリスクとな
っています。このように、世界市場全体のポートフォリオは、ファイナ
ンス理論に基づいてリスクとリターンの評価を行った結果、他の投資方
法よりも効率的な投資方法であるとされています。

株式投資で資産運用を考えているのでしたら、世界市場全体のポートフ
ォリオのインデックスファンドで投資することを検討してみては如何で
しょうか。海外の市場や個別の銘柄を調べたり評価する必要もありませ
んので、海外市場のことを知らない一般投資家でも手軽に投資をするこ
とができるものとなっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る