損切りできないために損失を拡大させてしまう投資家

持っている株の値段が下がってしまった時は損切りをして、大きな損失
を出すのを防がなくてはなりませんが、株式投資の初心者は売らなけれ
ば損失が確定することはないと思って、損切りができない人が多いのが
実情。

そのような人達は、少しだけ我慢をすれば株価が上昇に転じて、損失が
発生しない状況になると期待をしますが、さらに株価が下落して行くと
慌てて売却をして大損してしまうことになります。

または、いつまでも値段の下がった株を持っていて、塩漬け状態にして
しまうかです。塩漬け状態にしていれば、損失が確定することはありま
せんが、その株式の分だけ資金を使うことができないため、株式投資で
大きな利益を出すことが難しくなります。

このように株価が下落した場合は、損切りをして株価が十分に下落した
時点で株を購入すれば、それまでの損失を回復でき、利益を得る可能性
があるのですが、それを実行できずに株式投資を続けようと思っている
人が多いことも現状。

確かに、損が確定するのは嫌なものですが、損切りのルールを決めて実
行するようにすれば、あまりストレスを感じることなく損切りをするこ
とができるようになります。購入した時の株価から何%下落したら損切
りをするとか、何円下落したら売却すると具体的なことを決めておくこ
とが大切です。

損切りのルールを曖昧なものにしてしまうと、何らかの理由を付けて損
切りができない状況になるので、注意しなくてはなりません。

そして、損切りをした後に何故株価が下落したのか、原因を探ることも
大切なことで、失敗から何かを学ぶことが損切りにおける最大のメリッ
トとも言えるでしょう。

大幅に株価が上昇した反動で下落をしたのなら、株価が回復する時期も
早い可能性がありますが、リーマンショックのように相場全体が長期間
下落するかもしれないのであれば、例外的にルールを無視して損切りを
することも考えなくてはなりません。

一度決めたルールを破ってしまうと、それからルール通りに投資を行う
のが難しくなるため、ルールは厳守するべきですが、何年に一度かはル
ール通りにしていると大きな損失を出す状況になることもありますので、
株式相場を冷静に観察して判断する能力も必要とされます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る