非常時に役立つお金の話

危機管理と資産に関しての話。

2011年3月、我々日本人にとって決して忘れることのできない出来
事がありました。東日本大震災です。

この東日本大震災によって「価値観を変えられた」という日本人もたく
さんいました。例えば、「いつ何が起きてもおかしくない」という考え
方になった方も多いのではないかと思います。

これは、震災に限った話ではありません。例えば、リーマンショックと
いう金融危機がありましたが、あの時のように経済や金融が社会的に崩
壊してしまうことも十分に考えうること。

そういった地震や金融危機などが起こってしまった場合、銀行が機能し
なくなってしまう可能性もあります。しかも、緊急時ですから、復旧を
いつまでも待ち続けるわけにもいきません。

そのようなときのために、ある程度の資産を手元に備えておく必要があ
ります。

では、どのような資産で備えておくべきなのでしょうか?まず、「円」
は基本です。ある程度の状況ならこれで対応することができます。しか
し、これだけでは不十分。「円」が国際的に価値が無くなってしまう可
能性だって考えられなくもありません。

円が紙切れと化してしまうわけです。そのような状況のために、「ドル」
で備えておくのはいいかもしれません。米ドルは世界中で通用する通貨
ですから、非常に有用でしょう。

その他にも多くの資産保全の方法がありますので、ぜひチェックしてみ
てください。

少し投資とは違った話になってしまいましたが、見過ごされているよう
で、これは非常に重要な問題。正直、米ドルなどの資産で非常時に備え
ていても、普通に日本円を持っているより価値が低くなってしまうこと
もあります。

とはいえ、非常時を顧みた場合に、このような資産管理を行うことは欠
かせないでしょう。大げさだと思うかもしれませんが、これは通常の投
資を行う際にも応用できる話です。円だけではなく外貨を利用すること
でリスクを回避することができるのです。

平時に、様々な資産保全方法を検討してみるのもいいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る