「なんとなく不安だから投資を始める」がダメな理由

みなさんはどういった理由や動機で、投資によってお金を増やそうと考
えていますでしょうか?人によってそれぞれ色んな考え方をお持ちだと
思います。

その中には、「なんとなく先行きが不安だから」といった理由で投資を
始めてみようとしている方はいませんか?いえいえ、決してそのような
不安から投資を行うことがダメだというわけではありません。

しかしながら、ぜひ自分自身に問いかけて、夢や目標を描き出していた
だきたいと思います。その直接的な理由としては、やはり事前に具体的
な目標や金額を設定していた方が、実際に達成しやすく、成果がハッキ
リしやすいということが一つあります。

さらにもう一つ理由があります。それは、そのような不安から貯金や投
資を行っても、結局いつまでも不安が拭えることはなく、むしろネガテ
ィブ思考のループに陥ってしまうからというものです。

その抱えている不安を拭うためにお金を増やそうとすると、今度は逆に
安心するためにお金が必要だという考え方になってしまいます。

そのような考え方では、いくらお金を増やそうが、本当にこれで足りる
のか、大丈夫かと、なにかと不安になってしまうもの。

そして、そのような状況に陥ってしまうと、常にネガティブになり、例
えば貯金のために家計簿をつけるというごくごく基本的なことでさえ、
まったく楽しくなくなってしまいます。

「なんとなく先行きが不安だから」ということを動機にすることをおす
すめしないのにはそういった背景があるのです。

本来私たちにとって、お金を増やしたり、夢をかなえたりすることは非
常に楽しく、心地良いことであるはずです。このことは常に心に留めて
おくべきことでしょう。

もしも不安に感じるようなことがあるならば、まずはそれを解消するた
めにできるようなことを、小さなことでも構いませんから、ぜひリスト
アップしてみましょう。

そこから、お金が必要になりそうなのであれば、お金を貯める、もしく
は増やす方向へシフトすればよいのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る